嘉祥元年(848年)6月16日、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日の16の数にちなんだ菓子、餅などをお供えして、病気がなくなり、健康で幸せに暮らせるように、「嘉祥」と改元したという吉例にちなみます。

この日に和菓子を食べるという習慣は、明治時代まで続いていたそうです。

この習慣の復活を願って、また、美しい日本の四季と歴史の中ではぐくまれてきた「和菓子」の素晴らしさを楽しみ、

後世に伝え残していこうという趣旨で、昭和54年(1979年)にこの6月16日・「嘉祥の日」を「和菓子の日」として全国和菓子協会が制定しました。

統計局が実施してる家計調査では和菓子は「ようかん」と「まんじゅう」と「他の和生菓子」に分けて集計しています。

富山市は「ようかん」22位、「まんじゅう」29位、「他の和生菓子」は15位です。

ちなみに、すべての菓子類を合わせると富山市は全国8位、なんと1位はおとなりの金沢市でした。